Square Stage

ENGAGE-TF ×
留学のすゝめ 2020

in World Allergy Congress

免疫アレルギー研究の次世代に向けて

2020/9/18(金) | 16:30〜18:00

zoomによるオンライン開催です

開催予定のイベントはありません

協力:

blue [更新済み].png
日本皮膚科学会ロゴ.jpg
ロゴ基本.bmp
日耳鼻ロゴoutline.jpg
color_2.jpg
JSI_logo2.gif
GANKA_Logo.jpg
ロゴタイプスミ文字 (高)_edited.jpg

powered by

UJA-logo-circle.png
Cheiron_Logo_Final_20190723.png
 

イベント情報

20200626_留学のすすめ_Logo_v01.001.jpeg

開催日

9/18 (金) 

開催​時間

16:30〜18:00

ENGAGE-TF ×
留学のすゝめ2020

in World Allergy Congress

国のアレルギー疾患対策基本法および基本的指針に基づき策定された免疫アレルギー疾患研究10か年戦略では, 「国際的な研究者を育成し、かつ、こうした人材育成の基盤を国内に構築する」ため、「若手研究者を中心としたチームを学会の枠を超えて形成」し、「国際学会におけるシンポジウム等を開催して、人的交流の促進を図る」とされています。上記を目的として, 関連7学会からの推薦メンバーによって立ち上がったENGAGEタスクフォースは、WAO/JSAの共同開催という類稀な機会を最大限に活用し、留学に向けた新たな試みを企画しました。

海外日本人研究者ネットワーク (United Japanese researchers Around the world, UJA) が2013年に行ったアンケートでは、多くの研究者は海外留学への興味を持っているものの、留学への不安とリスクを感じていることが明らかとなっています。この不安とリスクの正体は、留学への情報不足が大きな要因と考えられます。活きた情報は、体験者の生の声が最も効力を持つことは、人類が誕生してから、我々のDNAに刻まれたトレートではありますが、身近に必ずしも留学経験者がいる訳ではありません。

 

そこで、UJAは2012年から海外で活躍する日本人研究者の方々と、海外での成功の秘訣や世界のサイエンスの現状の生の声を伝える場として「留学のすゝめ」を継続開催してきました。今回, UJAのノウハウと家族とともに研究を推進するケイロン・イニシアチブの協力と, 特定の領域にとどまらない本タスクフォースメンバーの多様性を組み合わせることで、免疫アレルギー領域の若手研究者のアンメットニーズの解決策を提供することを目指します。

 

具体的には、免疫アレルギー領域における様々なキャリアステージの留学経験者の体験談を通して、日本人研究者のメタ認知能力の向上を図り、個々人の研究留学の効用を最大化するための議論を行います。現在海外で活躍する日本人研究者の幅広い参加を呼びかけることで、ネットワーキングの強化という観点でも重要な機会を提供できればと考えています。

会場

Zoomによる

​オンライン開催

​進行予定

16:30 Opening Remarks:京都大学/ENGAGE-TF 中島沙恵子 (座長)

 

16:32 学会長挨拶:国立病院機構相模原病院 海老澤元宏 (ビデオメッセージ)
 

16:35 留学を志すあなたに送る「留学のすゝめ」: UJA 越田航平
 

16:40 留学の生の声を聞く(留学先の研究環境、苦労したこと、留学後のキャリアパス)
  - Meakins-Christie Laboratory, McGill University Health Centre Research
      Institute留学 石井由美子 (九州大学病院呼吸器科)

  - University of Adelaide, Australia留学
      鈴木正宣 (北海道大学耳鼻咽喉科)

  - La Jolla Institute for Immunology, CA, USA
      高橋まり子

  - Swiss Institute of Allergy and Asthma Research (SIAF), University of Zurich
      三田村康貴 (九州大学皮膚科/佐賀大学分子生命科学講座)

  - Department of Molecular Medicine, Scripps Research
      大内亜由美 (順天堂大学浦安病院眼科)
  - Center for the Study of Itch and Sensory Disorders, Washington Univ.     
      in St. Louis 溜雅人 (慈恵医科大学小児科)

17:30 留学をより良いものにするために:HFSP/ENGAGE-TF/UJA 足立剛也

    - 留学にむけた準備:フェローシップ情報の完全比較

      日本 vs. ヨーロッパ vs. アメリカ vs. HFSP!
    - 海外留学を未来につなげる:
     ライブ投票+パネルディスカッション!!

17:55 Closing Remarks:福岡工業大学/UJA 赤木紀之 (座長)

(18:00からオンライン交流会を予定しております)

 
 
 
 
開催予定のイベントはありません
 

スピーカー・座長・オーガナイザー紹介

 
中島沙恵子 (座長)
中島沙恵子 (座長)

京都大学皮膚科/ENGAGE-TF

溜雅人 (スピーカー)
溜雅人 (スピーカー)

アメリカ・ワシントン大学

石井由美子 (スピーカー)
石井由美子 (スピーカー)

カナダ・マギール大学留学

鈴木 正宣 (スピーカー)
鈴木 正宣 (スピーカー)

オーストラリア・アデレード大学留学

高橋まり子 (スピーカー)
高橋まり子 (スピーカー)

アメリカ・ラホヤ研究所

三田村康貴 (スピーカー)
三田村康貴 (スピーカー)

スイス・チューリッヒ大学

大内亜由美 (スピーカー)
大内亜由美 (スピーカー)

アメリカ・スクリプス研究所

越田航平 (スピーカー)
越田航平 (スピーカー)

UJA学術企画/コーセー

佐藤さくら (オーガナイザー)
佐藤さくら (オーガナイザー)

国立病院機構相模原病院/ENGAGE-TF

赤木紀之 (座長)
赤木紀之 (座長)

福岡工業大学/UJA

神尾敬子 (オーガナイザー)
神尾敬子 (オーガナイザー)

九州大学病院

足立剛也 (モデレーター)
足立剛也 (モデレーター)

HFSP/ENGAGE-TF/UJA

 
" 免疫アレルギー疾患の未来にイノベーションを"

免疫アレルギー疾患
研究10か年戦略
次世代タスクフォース ENGAGE
​について

アレルギー疾患対策基本法 (平成26年) 及びアレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針 (平成29年) に基づき、厚生労働省が「免疫アレルギー疾患研究10か年戦略 (10か年研究戦略)」を策定しました。
 

特に戦略2(4) 免疫アレルギー研究における国際連携、人材育成に関する基盤構築研究、においては「(抜粋) 将来を担う若手研究者国際舞台で活躍する場は限られ、かつ、基礎研究、臨床研究の分野共に、研究者を志す若手が少なくなっている。今後、国際 競争力を高めるためには、国際的な研究者を育成し、かつ、こうした人材育成の基盤を国内に構築することが必要となる。(中略) 重要な研究課題に関する若手研究者を中心としたチームを学会の枠を超えて形成し、課題解決を図ることも必要である。」とされています。   


免疫アレルギー疾患研究10か年戦略次世代タスクフォース (ENGAGE-TF toward 2030*) は、関連する7学会からの推薦メンバーによって構成され、戦略2 (4) を含めた10か年研究戦略を推進するため、産官学民連携に基づく多様な視点から活動を進めていきます。

 

*Empowering Next Generation Allergist/immunologist toward Global Excellence Task Force toward 2030

Engage-TF_Logo01.png
 

過去のイベント

お問い合わせ

本留学のすゝめシンポジウムに関するお問い合わせは以下まで